~ まるくツアー日記(工場見学編) ~

大好評企画『田舎の工場見学バスツアー』過去に開催した工場見学の様子をご紹介しちゃいます☆
参加していただきました方々、ご協力してくださいました各企業様、本当にありがとうございました。

   
H29.7.12 第12回開催 ~食と農の景勝地~
本気で暑い中『真夏の餅つき大会』やってきました。
初めは伝統の秀平塗を作る『丸三漆器』さん。木地から一貫して製造している工房です。豆知識として「漆器は湿り気が好きなので、長時間
放置しないで、たまには使って洗って水分補給するのが吉」だそうです。
ここだけの話・・・バスの駐車場の関係で企画者兼ドライバーは見学できず、摺沢駅で待機・・・ピカチュウと遊んでました。
次に、このツアーのサブタイトル「真夏の餅つき」となる会場『ごっつお屋』さんへ。タイトル通り本気で暑い中汗だくで餅つきをしました。その後は餅バイキングでカレー味、キムチ味などのあまり食べる機会がないものも食べることができました。どれも美味しく頂きました。自然いっぱいの、ごっつお屋さん、湧き水が豊富でふんだんに使っての生活!!羨ましい限りです。出しっぱなしにしようが止めようが、地下水と違って枯れることなし!!冬場は凍るので出しっぱなしとのこと・・試しにメーター付けて一関市の水道料金に換算してみたら、いくらになるのだろう・・・??と勝手に思うスタッフでした。
その後は、スナップエンドウの収穫体験、時期も最終で花が忙しくなってもう出荷しないとのことで、皆様が大好きな「取り放題」!!
収穫を楽しんだあとは、名もなき『棚田郡』の景色を見ながら気仙沼へ・・・
着いたのが、-10°Cの冷凍庫、製氷工場『岡本製氷』さん。1個130キロの氷の塊・・・48時間かけてできるそうですが、それが一気にケースから出てくるところは、まさに!圧巻です!!-10℃の保管庫も見せて頂き、当日の外気温30℃、温度差-40℃も体験しました。
氷の彫刻を作る実演を見せていただいたり、地元のイチゴが入ったかき氷も作って頂いたり、感謝感謝でした。また、見た目が物凄くゴツイお兄さんが繊細な小売りの芸術作品を作ってる姿のギャップに楽しさ三倍!!でした。
そして最後は『海の市』でお土産を買って、少し長い道のりで帰路につきました。
本日のツアーはサブタイトル通り『真夏の餅つき』にふさわしく真夏以上の天候に恵まれ、30℃もある暑いなかでの餅つき、
-10℃の冷凍庫の世界・・・温度差-40℃も体験しました。一石三鳥?の今回のツアーも皆様に喜んで頂きました。

 

                                                   

   
 
 













H29.6.23 第11回開催 栗原
今回のツアーは地元一関から出てちょっとお隣のまち『栗原市』で工場見学をして来ました。回を重ねるごとに平均年齢も上がっているなか、今回のツアーではめでたく70歳を超えました~!
最初に『萩野酒造』さんへ。杜氏さんの大手醸造会社さんとの違いや、東日本大震災の復活のお話を聞き、なんと有壁本陣まで案内して頂きました。お酒の購入は少し離れた有壁駅前の北海道屋商店さんでのお買物・・・ですが、はいっ!ここで恒例の自由行動ならぬ自分行動の開始です・・・バスをちょっと離れたところに停めた関係で「元気な方は歩いて行って下さ~い。自身ない方&面倒な方はバスをもって来ますので、降りた場所で待ってて下さ~い」と伝えたところバス乗車希望は2名・・・ところがバスをもって行ったところ1名しかおりません・・
周囲を見わたしても見当たりません・・・いません・・・そうなんです。いつものことなんです。気分は変わるものです。ちゃ~んと有壁駅前の酒屋さんにいました・・・。絶対あの杖ダミーだ・・・と思うスタッフでした。
次に『金成歴史民俗資料館』へ。明治時代後半、中廊下の学校は許可されなかったらしいのですが、明治なこの建物、何故か中廊下がある・・・政治の力か?間違えたか?謎は深まるばかり・・・いやいや中廊下が許されていた明治20年に建てたものを43年に移築したそうです。とても勉強になりました。そして、明治の雰囲気を満喫し明治な建物を堪能しました。ここの資料館は月火水・週休3日ですので、ご来館にはご注意下さいませ。
昼食は『食事処むらかみ』で切り干し大根、煮物、蒸し野菜、お造り、岩魚の天ぷら、茶碗蒸し、などなどを少量で品数豊富に出していただきました。中高年の皆様には、この「少しずつ色々」が重要なのです。温かいものは温かく、冷たいものは冷たく出して頂き、どれも美味しく頂きました。毎回、この昼食会場を探すのが大変な中、今回は地元の方にご協力を頂きまして「むらかみ」さんで頂く事ができました。
午後の部の最初は『若柳地織はたや』さんへ。車の「トヨタ」の創設者、豊田佐吉翁が発明した「豊田式鉄製小幅動力織機(Y式)」と言われても正直どんなものだか分からないと思いますが、分かりやすく言うと明治時代に日本人が発明した機織り機が、現在も現役で動いているという凄い工場なのです。現在では、はたやさん1社だけが伝統の技術・技法を継承し、宮城県知事指定伝統工芸品に指定されている貴重な綿織物なのです。ただ、この機械、壊れても当然もう部品がありません・・・しかし、そこはトヨタです。「この機械は残さにゃならん!」ということで部品が壊れたらトヨタで作ってくれるそうです。ある意味、永久保証なんですね・・・さすがです!!
当然、化学繊維の進出で売上は低迷したこともあったとのこと・・・暑いシンガポールでの催事に出店する機会があり、周囲の反対を押し切り持っていったのは「どんぶく」つまり「綿入り半纏」それが大反響し完売!!になったそうです。そうなんです。催事にいらっしゃる方は地元の方より、観光客なんです。暑いところには寒いところの人が多く来るから売れるはず!!大成功です。とおっしゃっていました。さすがです!!
そして最後に『産直くりでん』へ。ここでは自由行動にして、産直でお買物を楽しむ方もいれば、クドカン実家に行く方、近くの平野神社に行く方など皆さん自由行動を楽しんでいました。自由!が好きな方々なので・・・
今回も天候に恵まれ参加者の皆様には大変喜んで頂けたと思います。昭和の最後の方、すでにお姉~さんでは無くなってた方々の購買意欲はすごいもので、自分では飲まないお酒の大量購入や、はたやさんでは高額商品もあり「持ってきたお金じゃ買えない」の声に対し「貸すから買ってがい」という会話・・・私が見てた限りでも栗原市に??万円は落ちたことでしょう・・・
回を重ねるごとに参加者さんの平均年齢も上がり、珍道中もあり、そして何より皆さんが生き生きと楽しそうにツアーに参加して頂いている事を嬉しく思います。そして毎回、元気な姿を見れるのをひそかに楽しみにしているスタッフなのでした・・・。

 
 

H29.5.16 第10回開催 大原
大原リベンジ大盛況で無事終了いたしました今回のツアーには25名の定員に対し満員御礼とまではいきませんでしたが22名の方にご参加いただき『10回目を迎える』ことができました。一関市外からも多くの方々にご参加いただきました。
最初に訪れたのが『障がい者福祉サービス事業所 室蓮館』障害を持った方が「印刷」「クリーニング」「パン屋」など色々な事業を行っています。特に賞を取ったクグロフ、自家焙煎のコーヒーなどは絶品!!試食も用意して頂き、もちろん販売も。参加者の多くは「中高年の皆様」しかも女性がほとんど・・・買うは買うは・・・日本の経済がこの方々に支えられているという事を改めて実感しました。
一番見せたかった景色の『山吹棚田』前日までの雨がウソのような快晴のなか、期待していた田植えはまだだったものの田んぼに水は入っていて「キラキラ田んぼの先に見える室根山」この景色は見ることができ良かったです。ところが・・・昭和前半はおねーさまだった方々からの思わぬ質問の嵐・・・「この田んぼのオーナーは誰?」わかりません・・・「ここに書いてる棚田100選って他はどこ?」わかりません・・・「田んぼの水は溜池?」わかりません・・・
昼食は『えび松』さんへ。前述の通りのお客様方ですので、お願いする際に「エビフライは必ず1本入れて、その他は超軽めでとお願いすると、さすが!えび松さん!ほぼ希望通りのメニューを出していただき、味噌汁も絶品でした。感謝!感謝!です。
午後、最初の見学場所は『八木澤商店』さんへ。社長さん自ら案内して頂き、ちょうど機械が止まっているとのことで、工場内部も案内して頂き間近で大きな機械を見る事ができました。醤油と味噌の違いや八丁味噌の話、津軽三年味噌は寒いから結局三年かかる・・・などの楽しいお話を聞かせていただきました。貴重なお話しありがとうございました。
最後に『まち歩き&蔵』で休憩タイムです。まち歩きでの、ひそかなニュースは岩幸商店のラーメンが50円値上がりしていたこと!それでも税込み450円とリーズナブルな価格なのです。それと、のれんが新しくなっていたこと!リニューアルした?岩幸商店にぜひ行ってみてくださいね♪
蔵で、けやきベーカリーさんのロールケーキを美味しいコーヒーで頂き、デクノボンズさん、八木澤商店さん、けやきベーカリーさんの臨時販売所を設けてもらいお買い物を楽しみました。当ツアーのためだけに特別にご用意して頂きありがとうございました。
今回も多くの皆様にご協力いただき、支えられて10回目を開催し無事に終えることができました。
本当にありがとうございました。心より感謝いたします。

H29.1.25 第9回開催 一関市

まず始めに『一関文化センター』の裏側見学。音響室・照明室を説明と実践?を交えながら楽しく見学。次にステージへ・・・まさに裏側!ステージの裏側で大きいライトなどを見学、当然今時はLEDその昔は電球で、その関係携わった方なら分かると思いますがそれだけで暖房不要の勢いの発熱。夏場は冷房パワーアップ!LEDになって色んな意味でエコになりましたねぇ~。そしてステージでのメインイベント「迫り(せり)で奈落の底へ」体験。大ホールのステージに上がった人はいらっしゃるかもしれませんが、迫りに乗った方はあまり居ないはず・・・いい体験させていただきました。 次は『北上製紙さん』はじめに会議室で概略を伺い、いざ工場へ!現在はリサイクル紙中心で、徹底的にリサイクルするとのこと、今までは加工工程で出た本当の屑紙も現在は「固形燃料」として再利用するとのこと。機密書類などは、シュレッターにかけてしまうと繊維が壊れ再生できなくなるということで、北上製紙では箱のまま厳重に預かり、そのまま溶かして再生するとのことでした。見学させて頂いたときには再生紙のロールがかなり大きくなった状態でしたので、それを間近に見られたのはラッキーでした。最後は、自家発電設備、以前は重油で発電してたが、現在はLPGとの事。その馬鹿でかいタンクも間近に見られました。 昼食は『プチ・フランセさん』貸切にして頂き、時間もたくさんあったのでのんびりと食事ができました。メニューは地元食材(カブ)や、地元の鶏肉、そして山田(山の田んぼ)で取れたライスなどを美味しくいただき、シェフからその説明もしていただきました。 最後は『川嶋印刷さん』はじめに簡単な説明を聞き現場へ!デザイン室では、マックとWin の大きいモニターを使って皆さん作業中!ウェブ更新をしてる方もあれば、チラシのデザインしてるかたも。フォトショップの担当の方は、女性の方の普通の写真をめちゃ美人にする作業を見せてくださいました!良くも悪くも当日朝、私のモニターが壊れて「1台もらえないかな?」と思ったのは、ここだけの話。このレポートも小さいモニターでちまちま書いてます。最後に、絶賛特別協賛の那須野製作所さんの水耕栽培レタスを皆さんに配り終了となりました。「そのまま食べられますので今すぐ食べて下さい」とお願いしましたが、誰一人手べてくれた方がいらっしゃらなかったのは残念でした。今回も地元の企業の方に全面的に協力して頂きかなり面白いツアーになったことを改めて感謝いたします。

                                        ~         ↑         一関文化センターでの舞台裏の様子          ↑        ~

                                        ~         ↑         北上製紙での工場見学の様子               ↑       ~

                    ~          ↑         プチ・フランセでの昼食の様子                ↑      ~

            ~   ↑         川嶋印刷での工場見学の様子    ↑      ~      お土産『那須野製作所』箱入り娘
 
 

H28.11.22 第8回開催 千厩町
そんなわけで、どんなわけで、そういうわけで、「田舎の工場見学・千厩」無事終了しました。
告知&募集期間が激遅だったため、満員御礼!とは行きませんでしたが、今回も多数の方に参加していただきました。
今回は千厩町にメッチャ詳しいガイド付きでの催行その方はもちろん、昆野 洋子さん。千厩町で合流後バスに乗り込むと同時にもちろん「全開」でお話スタート!運転手の私に「マイクは無いの?」との問い。私は「昆野さんにマイクは必要ありません!」とお答えしスタートとなりました。ご本人も「声と態度はデカイ」と言ってました(笑)ゞ
最初は「千厩マランツ」さん。こちらは、電子機器の基板を作ってるすぐ隣のブースでしいたけを栽培してるという不思議な工場。虫眼鏡使ってしか見えないような小さな部品をお利口さんな機械がせっせと基板にくっつけてました。いたずらしたい衝動にかられながらの見学!禁酒、禁煙よりつらいかも・・・
で、その隣のしいたけブースに移動。ここでは先にビニール袋に「おがくず」と「菌」が入った謎の物体を見学しその後、ビニール袋から出された謎の物体から実際に椎茸が生えてる姿を見学。よく分かりませんが椎茸が実際に生えてる姿を見て納得。クラシックを聞かせて栽培すると肉厚になるらしいが、科学的根拠は解明されていないらしく、担当の方も「肉厚になったと信じてやってます」との事。そのアバウトさに一気に千厩マランツファンになりました。椎茸特設直売所?も設けられ、ガイドさん売り子に変身!売るは売るは、参加者の皆さんも殆どの方が50年以上前は女の赤ちゃん達なので買うは買うは!!売上に貢献できて何より
です。
次は、酒のくら交流施設で昼食&見学。大昔のバブリーな民家の座敷で 籠目製麺さんの桑うどんを堪能して、保存施設になった経緯や裏話などを聞きながら見学しました。
午後からは二班に分かれ、夫婦石(いわ)、千印社(はんこ屋さん)佐々木製籠店(竹籠屋さん)の見学。
11/22は良い夫婦の日ということで、ガイドさん本領発揮で夫婦石をわかりやすい説明で案内してくださいました。どうやらこの岩は「東洋一」らしいです。
千印社さん。こちらでは一級印章彫刻技能士の千葉寿幸さんにハンコの歴史や作り方などを詳しく解説して頂き、マニアックな古印体の辞書を見せていただいたりしました。印鑑を作るに際しもっとも重要なのは「印稿の作成」つまり、原稿です。確かにこれをきちんとしないと、彫る技術があっても出来るわけ無いですよね~~ということで改めて納得。印鑑を作る技術も後世に残したい技術の一つです。
最後に佐々木製籠店さん。こちらはまさに「竹で籠を作リ売るお店」大きい籠や、ザルなどが多数。竹を割るとこから制作。竹を編んできれいな曲線を出せる技術は素晴らしい!!言わなくても分かると思いますが、現在はプラスチック製の格安なものが主流であまり売れないとのこと。後継者もいらっしゃらず「自分の代で終わりかな~~」と少し寂しげでした。確かにその昔の技術系の仕事は、丁稚奉公で、寝る場所と食事だけで技術を学んだものだが、今の時代そんなことをしたら労働基準うんちゃらで・・・になってしまうので正直若手の後継者は難しい現実です。こちらもこれからも残していきたい技術なのですが・・・
今回は小春日和の中開催でき参加者の皆さん楽しんでいただけたと思います。殆どがリピーターさんで参加者さん同士も和気あいあい。中でも嬉しかったことは、今回3回目の参加の女性の方が1回目は杖をついての参加でしたが、今回はなんと杖なし。更にはバスの乗り降りもスムーズ。その方の娘さんが言うには「バスツアーに参加するようになってから自分で元気に歩けるようになった」との事。嬉しい限りです!!




       
H28.9.28 第7回開催 室根町
大好評企画も、何だかんだで7回目を迎えることができました。そして今回の見学場所は室根にGO!!です。
今回のツアー内容は、フラワーアレンジで心を穏やかにし、餅バイキングでお腹を膨らませ、そのお腹で太鼓屋へGO!焼き鳥作業の体験をし産直でお買い物を楽しむツアー内容でした。
一関市内外から満員御礼の21人の方にご参加いただき一関市の東端、室根町へ。
花農家の「花小道」では各々、花を選びフラワーアレンジに挑戦しました。やっぱり花はいいですね~心が癒されます。
続いて向かったのは「ごっつぉ屋」茅葺き屋根のたたずまいは風情があり、その中で餅つきをし、ついたお餅でバイキング昼食を堪能しました。お雑煮~10種類のメニューがあり、なかにはモロヘイヤ・キムチ・・・美味しくいただきました。
お腹いっぱいになったところで、次にむかったのは「小山太鼓店」で工房見学をし、「㈱オヤマ」へ。こちらでは会社内を見学し焼き鳥の串刺し体験をしました。専務様直々による「ブロイラーの解体実演」があり、普段見れない様子を間近で見ることができました。
一関中心部から移動に時間がかかるため、ちょっと駆け足のプログラムになってしまいましたが、盛りだくさんの内容で普段は見学・体験できない内容を満喫していただけたツアーとなりました。

 
H28.7.23 第6回開催 川崎町
曇り予報ははずれ、晴天の中の開催ができました。
まずは、国土交通省調査船「ゆはず」に乗船、めったに見られない、大船渡線 北上川橋梁?(たしかここはなんとかという名所。)の下をくぐり、上流へ!往復で、30分程度のクルーズ、いや、調査でしたが、深いところではなん
と水深20Mなのに浅いところでは2Mもない。変な川である。
北上川は、川崎町のあたりは海抜8Mほど、つまり石巻で海に注ぐまで8Mの標高差でゆっくりと流れているというお話でした。しかし
盛岡市内では110Mもあるそうで、流れが早いまま一関エリアに突入しそこで渋滞。結果大雨が降ると「氾濫」ということになってしまうそうです。上流の方々はもう少し気を使ってほしいものです。
次は「なんでも企画」さん。本当に何でも屋さんのようで、川崎防災センターの「ゆはず乗船」の受付もやってました。受付終了後
「おらいに来る道分かるよな?先行ってから」と言い残し立ち去ってしまいました。乗船が終わり、工場に到着すると「先行ってから」
の人は本当にいらっしゃって、さまざまな説明をしていただきました。事前情報では「看板屋」ということでしたが、ポロシャツプリント?ポスター印刷?看板の骨組み溶接?磐井牛飼育?何家さんだか不明です。ここには「分業」と言う文字はないようです。
お昼は農家レストラン「ぬくもり」でのかにばっと料理。ここは運転手泣かせの狭い道。それはさておき・・・臭みをとって現代風に
アレンジした貴重な美味しい「かにばっと」を頂きました。
最後は、かさいくんちのごぼう茶でお馴染みの「かさい農産」でごぼう茶作り体験。ごぼうを煎ってお茶にするわけですが、その最終工程の「最後の煎り」「Tパック?違うティーパック詰め」「包装」などを体験させていただきました。最終チェックに金属探知機も登場し完成品は皆さん、お土産に持ち帰りました。
最後のかわさき道の駅ですが、ここは特に書く必要はないのですが、そこに行く途中に問題が・・・ちょうど川崎町はお祭りで、そこを通って道の駅に行くのですが、そのイベントテントの中から「手を振る人が・・・」予想はつくと思いますが、そうです「なんでも企画」さんです!今度はお祭りでなんかやってました・・・。すごい人です!!

そんなこんなで「食して農して景めてかわさき三重奏」田舎の工場見学第6弾は無事に開催終了いたしました。
H28.6.21 第5回開催 平泉町
平泉にはお寺しか無いわけじゃないぞ!普通の生活もあり、凄い工場もあるぞ!!ってことで開催した
「田舎の工場見学 第5弾 平泉」 盛岡・奥州・一関そして地元平泉から定員いっぱいの20名の方にご参加頂きました。
はじめに、チバインテリアさん。こちらはカーテン工場で、量販店とは違うオーダーメードのカーテンを作っている工場です。
次に、千葉元治(もとじ)畳店さん。全自動ヘリ縫い機?の実演の様子を見せて頂き、い草表、和紙表の違いなども教えて頂きました。
昼食は、お食事処さくらさんで、はっと作り体験。昼食に、じゅうねや生姜、あんこなどのハットを頂きました。
午後は、小岩材木店さん。こちらでは原木、きはだ、黒柿などのさまざまな材木を見せて頂きました。
さらに樹齢650年の8トンもある材木には驚きました。
最後は、菓子工房・吉野屋さん。工場見学をした後にシュークリームでお茶タイムの予定でしたが、シュークリーム購入希望者多発で
急遽マドレーヌでのお茶タイムに変更・・・美味しく頂きました。
天気にも恵まれ、皆様に楽しんで頂き平泉を満喫できたツアーとなりました。
 
H28.5.26 第4回開催 藤沢町
第4弾となる今回は「美の演出 輝の深求」をテーマに藤沢町で開催しました。
市内外からお申込みを頂きまして14名様での催行となりました。
マーナーコスメチックさんは化粧品を製造している会社です。食品並みもしくはそれ以上に衛生管理に気をつけていて、その清潔さに驚きました。また化粧品の容器も年代につれビンからプラスチック製のものへと移り変っている様子をディスプレイで見させていただきました。「藤沢町が化粧品造りに適しているのは、水と空気がキレイだから」と話してくれました。
和興ニットさんは発注を請けて服を作る縫製工場です。生地の裁断から始まり各パーツを縫い合わせ製品に完成させていく手作業の職人技を間近で見る事ができて貴重な体験をさせていただきました。
お昼は農家民宿歓楽楼さんで桑うどんをいただき、蒸し菓子工房菊千さんにご協力をいただきお団子作り体験を楽しみました。
隣接するフラワーガーデンでは手入れの行き届いている庭園は見ごたえがあり今時期は「つつじ・サツキ」が見頃とのことです。
帰りに藤沢文化会館(縄文ホール)に寄り藤沢の文化についてお勉強。普段立ち寄ることのない通っただけでは分からない藤沢町の
魅力を感じる事ができ今回のテーマ「美しく輝けた」ツアーとなりました。
H28.3.23 第3回開催 東山町
田舎の工場見学ツアー第3弾は「石灰以外の東山」をテーマに16名の参加者で催行しました。

最初の東里工業さんは板金屋さんです。北海道新幹線のトイレの中にもこちらの加工品が使われているそうです。
つづく紫雲石硯さんは紫雲石(しうんせき)で硯を作っている工房です。紫雲石とはあずき色の地に浮かび上がる紫色の斑点模様が
特徴の石で、目が細かいことから墨との相性がよく繊細な線を出すことができるそうです。
そして最後の見学先は今年地元高校からの新卒採用も決まっているという東山フェルトです。弾丸のように緯糸が往き来する織り機
などの機械の大きさに圧倒されました。

H28.1.23 第2回開催 花泉町
第2弾の開催は花泉町です。8名の方にご参加いただき磐乃井酒造・花泉味噌醤油・三浦畳店・三協金属などを見学しました。
地元の人もその場所を知っていても、内部には入ったことがないような場所を巡り学びました。
今年で99周年を迎える磐乃井酒造では酒蔵を隅々まで見学し、素敵な香りの酒樽を覗かせてもらいました。
三協金属では鋳物を作る現場を見せてもらい、熱した鋳鉄を流し込む現場の迫力に歓声があがりました。
地元、また国産の生産物のみで作られている醤油味噌、そしてお酒を見て味も見て買って皆さんに満足していただきました。
普段何気なく歩いている町に知らないだけで数多くのドラマがある。そんなことを考えさせられます。
今回のテーマは「食とものづくり」その両方の現場は新鮮で不思議な魅力が溢れています。
花泉駅周辺にある工場や作業場、町のディープな部分を覗くことができたツアーでした。
 
H27.11.26 第1回開催 大東町大原
第1回開催は、なんと参加してくださった方がたったの4名。
菜種油製造販売のデクノボンズさん。東日本大震災で陸前高田工場が被災し大原小学校跡地に移転創業している 
八木澤商店さんを見学しました。

お昼は、金物屋さんと、肉屋さん。そして食堂もやってる 岩幸食堂さんで食事。
少ない参加者ゆえの ほのぼの した開催でした。