~まるくツアー
日記(いろいろ編)~


開催終了しましたツアーの様子をご紹介します♪
ご参加いただきました方々、協力していただきました各企業様、本当にありがとうございました。
                                          
 












































2017年4月22日(土)開催/酒蔵旅・第2弾
天気&桜にも恵まれ酒蔵旅/実践編、無事に終了いたしました。
まずは、お酒を学びに『両磐酒造さん』へ。ここはハッキリ言って規模がデカイ!!36000Lの調合タンク、一箇所にあるのは日本最多の古い絞り器の8連の並びなどを見学しました。磐乃井酒造の社長さん自ら、ツアーの一般のお客さんに混ざって見学していると言う光景もなかなか見られるものではなく貴重な体験です・・・
関山の試飲で、お客様のテンションUPです!!はいっ!!ここからが実践です。宴会バスのスタートです。磐乃井さんの日本酒試飲会開始です。気が付けばお客さんは全員バスの後部座席サロンで酒蔵旅の実践編!宴会開始です♪
磐乃井酒造の社長さま、直々のお酒の解説を聞きながら味わうお酒は品があり最高です。皆さまお酒に夢中になり、予想通り厳美渓の満開の桜の下を通過するも誰も見てない・・・たまらず「あの~折角なので桜見てください~」と運転席から訴えたるのでした。ちょっと~『花見で実践ですよ~!』
達谷の窟、中尊寺下の桜を車中から見つつ、昼食会場の『まだ来すた』に到着です。
開業14年になる農家レストランで、ゆったり団体席での「おからコロッケ」「お焦げ付きのご飯」を美味しくいただきました。ヘルシーメニューで若者にはカロリー不足かもしれないメニューですが、大人の日本酒宴会途中には最高の昼食でした。一般席は満員御礼!さすが人気店です。
次に向かったのは『徳水園』水を出し始めたばかりのようで円いっぱいに大量放水!見応え十分でした。八分咲の桜を見ながら、のんびり散策、出店もありにぎわっていました。
『桜の回廊』を八分咲、五分咲、ツボミの桜を車中から見ながら上り、『胆沢ダム』へ。このあたりからお昼寝モードの脱落者が出始めウトウト・・・・焼石栗駒ホットラインが開通したとの情報をもらい、ちょっと行程変更で厳美町に抜け、若神子亭に寄り道して帰ってきました。
参加者は少なかったものの、初対面の方々で和気あいあいと楽しんで頂けました。
酒の匠・磐乃井酒造社長さまに『お酒を学び』満開とまではいかなかったけど散ってもいなかった『花見で実践』
今回の酒蔵旅実践編は
大成功!!  次回第3弾は○○編!!どうぞお楽しみに♪♪






 


































  



2017年3月30日(木)開催/金山巡りバスツアー
満員御礼での『金山巡り』無事終了しました。
盛岡、金ヶ崎からの参加者もいらっしゃいまして、当店のツアー初参加者が半数以上という嬉しい限りの開催でした。また、満員になってからお断りしたお得意様含めてのお客様ごめんなさい・・・。次回のご参加を楽しみ
にお待ちしております。
まず最初の『三枚山金山』ここは正直、土手に立て看板があるだけの場所でちょっと不安材料だった場所でもありましたが、天気にも助けられ短い時間ではありましたが、皆さん散策を楽しんだようです。「上に抗道跡の抗があった」とか「こんな場所知らなかった」などのお話しを頂きチョット安心。現地下見はしましたが、抗道跡などの下見はしてなかったのはここだけの話・・・
なかなかマニアックな場所なので一度は見てもらいたい場所の1つです。
次は気仙沼まで移動し『アサヤ』さんへ。漁具(漁師さんが使う道具)の卸屋さんの見学です。普段見られない道具の数々に皆さん興味津々!マグロ延縄のナイロンワイヤーを引っ張ると伸びる!伸びる!以前はスチールワイヤーだったようですが、最近は針にかかったマグロの口がちぎれて逃げられないように伸びるワイヤーが使われているとの事。なるほどですね。しかし、謎だったのはそのワイヤーを引っ張るために使った「棒」が「ドラムのバチ」だったこと・・・謎です・・・
そしてお待ちかねの昼食は科『新富寿し』さんでいただくメカしゃぶ&お寿司です。冬の脂ののった時期しか楽しめない「メカジキのしゃぶしゃぶ」を楽しんで頂けました。
午後の部は今回の本丸!!『鹿折金山資料館』の見学です。館長の説明を楽しく聞きながらモンスターゴールドの写真やレプリカを見て、なぜか過去にある日本最大級のモンゴルの岩塩も見学しました。私の「そこの川で砂金は取れるのか?」に対しては坑道が深いから台風後などの増水した後であれば可能性はあるかも?との事ですよ!!これは行くしかないですよ!!!
ツアー最後は『足利本店』さんへ。ここは水産物の一次加工施設です。がなぜか鮫が宙吊りです・・・ここでは「めかぶの加工体験」をさせていただき事前情報では昼食はメカしゃぶと聞いていたようで、甘めのタレで焼いた「メカステーキ」の試食をさせて頂きました。さらにお土産に「生めかぶ」も頂き感謝!感謝!でした。
気仙沼に行き、個人的に一番嬉しかったのは足利本店の敷地から大島の橋を吊るためにきている「起重機船」が見られたことだとは大きい声では言えません・・・。
今回「町を元気にし隊」及び「平泉町」の協力でツアー代金をお安くできたのは事実ですが、それより初参加者の方々から「田舎の工場見学」を含め地元密着ののツアーをやっていることを知らなかった・・・という声が多数でした。今までも宣伝力というか広報力が無いのは分かっておりましたが、改めて「経費をかけない宣伝方法」を考えなくてはいけないと痛感させられました。
「町を元気にし隊」「平泉町」そして全面協力してくださいました「気仙沼コンベンション協会」及び各企業様に心より感謝いたします。
次回も『まるくバスで行く○○ツアー』をどうぞお楽しみに♪♪






       








  



2017年2月25日(土)開催/酒蔵旅バスツアー
やっぱり「朝から本気で飲んだ!」・・・ってなわけで『酒蔵旅』絶好調で終了いたしました。
初の酒蔵旅に参加者16名と満員御礼とまではいかなったものの、結果ちょうど良い人数で出発しました。
初めの旅は『磐乃井酒造さん』酒蔵見学後、お待ちかねの試飲です。100年記念のお酒を堪能しここでしか飲めない買えないお酒を
できたてホヤホヤの「試飲スペース」のみ、さらにお客様が購入。次の場所への移動の車内ですでに「宴会開始」です。この時点でまだ11時前・・・・
次の旅はちょっと早めの昼食『そば処かも川さん』おしんこ・お刺身などを先に用意して頂いていたので、それをつまみに2回戦開始!!
今回、立ち寄れなかった「関山」「世嬉の一」のお酒を1升ずつ持ち込み試飲!試飲!飲みきることはないのだろうとの読みは外れ
空!空!飲みます!皆さん・・・すごいです・・・さらにビールも追加注文した方がいたような・・・当然、蕎麦も蕎麦湯も口に入るものは全て酒の肴です。
そして次なる旅は『岩手銘醸/玉の春工場さん』千厩ひな祭り絶賛開催最中の会場を通過し、奥の酒蔵へ直行です。ハッキリ言ってデカイ!酒蔵、面白い案内を聞きながらの見学。その後は3回戦開始・・・試飲です。すでに一部の参加者の方は千鳥足・・・
次なる旅先に向かう道中の移動時間が結構あり、ほとんどの方がお昼寝タイムです・・・
バスに揺られ次なる旅先は『男山本店さん』杜氏の方の説明を聞き、お酒のたまらない香りを楽しみました。皆さんお待ちかねの試飲は・・?ちょっとした演出「熱燗」で4回戦開始です。寒い蔵の見学からの熱燗は効きますね~最高です!
そしてラストの旅は『角星/金紋両国さん』こちらでは出来たばかりの店舗で5回戦開始です。変わったお酒を試飲させて頂きました。
そこになぜかあった「うま造り醤油」知らない方も多かったので、酒屋で醤油を勧め購入してもらったのはここだけの話・・・
そんなこんなで、お酒もはいりとても楽しい旅となりました。また、来年のツアーのご予約もいただきました。(覚えてるかな・・・?)
予告!!!次回開催はもっと過激??なお酒関連ツアー!?ぜひご期待下さいませ(#^.^#)
I have a 酒 ♬ I have a ト〇レ ♬ まるくバス♬(ピコ太郎風にお願いします)
   











すぎちゃんだぞ~



ワイルドだろ~

















2017年2月11日()開催/大東大原水かけ祭り
大好評で終了したバスツアーはちょっと少なめの11名での催行でしたが、蔵の貸切スペースをゆったり使えてお客様には大好評でした。
今回のツアーは大東町、特に大原の町おこし有志団体『waraSTAR's』の主催で全面協力で催行しました。当然地元の方々なので、水かけ祭りを熟知!裸男が走るまでの楽しませかたもハンパない!!
大原に向かう車内で大原町民にしか出回っていないと言われる激レア『水かけ祭りDVD』の鑑賞で気分を盛り上げます。が・・・
上映時間77分のDVDにたいし60分の道中・・・中途半端で到着です。
到着後、ツアーだけの三大ほっこりの1つ目『趣ある蔵でほっこり
蔵に入りメンバーの水かけ祭りの説明、昼食のお弁当を作ってくださった『てご舎』の人生の楽園で紹介されたときのビデオ鑑賞をしました。これを見て昼食がさらに美味しくなります。またまた素晴らしい演出です!ここからは某ドライバーのうんちくですが・・・・
味の処理は「脳」でされ更に美味しく食べるための「脳」の下準備は大事です。と言う事のようです。
そして三大ほっこりの2つ目『手踊りでほっこり
貸切鑑賞で3団体が入れ替わりで踊ってくれました。一緒に記念撮影もして縁起をいただきました。
そして、お待ちかねの昼食は三大ほっこりのラスト『ランチでほっこり
メインの種類豊富なおかずの他に2種類か選ぶ「おふかし」と出来たて熱々の大鍋の豚汁、デクノボンズの油であげた油揚げに、八木澤商店の醤油をかけて頂く徹底ぶり!贅沢です!とても美味しく頂きました。
昼食後は蔵から出て散策タイムです。晴れているとは言え寒い!寒い!皆さんすぐ戻ってくると思いきや、戻ってきた順番は年齢の若い順からでした・・・・一般的にパワフルと言われる結構昔はおねぇ~さんだった方々は裸男が駆け抜ける間近で見学をし楽しんだようです。
結果、数名しか見られない2階からの鑑賞もゆったりとほっこりでした。
参加者の方から「来年は友達もっと誘ってくる」と嬉しいお言葉を頂きました♪
贅沢三昧ならぬ三大ほっこりツアー 大 成 功 !!!
バスツアーならではのおもしろさや発見、人との出会い・・・やっぱり旅はいいものだ!!!